中年でもあきらめないで人生逆転する方法

中年でもあきらめないで人生逆転する方法
人生逆転・・・
なんて甘美で、なんて切ない言葉だろう
日本中、いや、世界中の人々が欲し、願い、渇望する
しかし、実現できるのは一部の人間のみ 
多く人間は志し半ばで力尽きる

人生逆転・・・
なんて魅力的で、なんて罪深い言葉だろう
この言葉は私たちにたくさんの「希望」と「興奮」そして「絶望」を与える
人生逆転とは、そもそも何なのか?
お金があればいいの?
仲間がいればいいの?
家族がいればいいの?
仕事があればいいの?
自分さえ良ければいいの?
答えはどれもノー
人生逆転とは、今とは違う理想の未来、つまり「夢」
「このままでいれたらいいなぁ」
そう心から思えた時が人生逆転の刹那
もしかしたら終わらない旅かもしれない
もしかしたら終われない夢かもしれない

さて、あなたの最高はどこ・・・?

中年が人生逆転するには「個人の時代」の本質を知るべし

実は私、半年ほど前まで人生逆転をテーマにしたブログを運営してました。

内容は【ニート⇒フリーター⇒就職⇒転職4回⇒某財閥系企業の副部長】となり、人生逆転を果たした私が「人生逆転の方法」を可視化・理論化したもので、以前の私のように現実や日々の生活に絶望している人に、人生逆転のきっかけを与えることが最大の目的でした。

会社を利用することを手段の1つにしていたので「サラリーマンとして出世すること」「会社を利用すること」「人生逆転に必要な思考」が主なテーマです。月間12,000PVはあったので、1日に換算すると400PVになります。それなりに集客力のあるブログでしたが、本業がとんでもなく忙しくなって、更新できなくなったこと、当初の目的をある程度達成したと判断して苦渋の決断でしたが閉鎖しました。

他にも「人生逆転」をテーマにした電子書籍を販売したり、メルマガ配信したり、精力的に活動していたので、人生逆転に関してはちょっとしたプロだと勝手に自負しています。

そんな私が導き出した「中年の人生逆転の方法」です。この記事を最後まで読めば、あなたの「やる気スイッチ」が押されて人生逆転ストーリーの幕が上がるでしょう。

1.「個人の時代」を追求しよう

真の「個人の時代」とは「個人」が「個人」を支援する時代。そして「個人」が主体性を持って生きていく時代。つまり、組織依存からの脱却を意味します。

「個人の時代」とはいえ、個人が強くなったわけでも、個人が優位になったわけでもありません。もっと言えば「個人の時代」ほど、他者にお願いすることが増えますし、サラリーマンより積極的に行動することが求められます。

個人が無策で法人に挑んでも勝ち目がないことは、今も昔も、そして今後も変わらないでしょう。だからこそ、個人と個人はそれぞれが長所を与えあい、短所を助けあいながら「1+1」を3にする戦略が必要なのです。

「いやいや、結局その集合体がまた組織になるでしょ?」という声が聞こえてきそうですが、それは間違いです。なぜなら組織に雇用されていないからです。イメージとしては個人事業主としてプロジェクトに参加している感じでしょうか。仮に個人の集まりが法人化しても、雇用という形態にしなければいいのです。

「個人」の支援は「個人」がしてこそ、本当の、真の「個人の時代」と言えます。「個人」を「法人」が支援したら、結局今までと何も変わりません。これが「個人の時代」の本質です。

2.マーケティングを学ぼう

どんなに素晴らしい商品も、どんなに素晴らしいサービスも、山奥でひっそり販売していては誰も買ってくれません。それは、あなたの才能も価値も一緒です。知ってもらわないと「ないに等しい」のです。

少しズレますが、歌がめっちゃ上手い人が、恥ずかしいという理由で歌わなければ「あの人は苦手なのかな」「やっぱり下手なのかな」と思われるのに似ています。

しかし、安心してください。今や個人でも戦略次第では企業に太刀打ちできる時代です。本当に良い時代になりました。あなたの価値を世間に世界に知らしめる方法がたくさんあるのです。

ユーチューブ・ティックトック・インスタ・クラウドファンディング・ブログ・メルマガ・仮想通貨・フィンテック・ツイッター・note・ペイパル・ココナラ

今やたくさんの武器が私たちの手のひらにあります。あらゆる手段を駆使して、あなたの価値を、可能性を、世間に知ってもらいましょう。

まとめ

人生逆転した人は、そのまま会社で出世街道を進むも良し、独立して起業するも良し、投資に力を入れるも良し、自由に人生をデザインできます。

時代は「集中から分散」「組織から個」へ変化しています。この流れは今後も加速していくでしょう。

一方で、テクノロジーの進歩によって、私たちの脳みそはかつてないほど大量の情報を処理しなければなりません。しかし、残念ながら脳みそは進化していません。何十年も前と変わらない義務教育を受けているだけでは限界なんだと思います。であれば、自分たちで学ぶしかありません。新たな武器を持ち、新たな価値観で「新しい時代」を創造するのは他の誰でもない私たち一人一人なのです。

最後までお読みいただきありがとうございます。もしあなたが少しでも「人生逆転」に興味を持っているなら、ぜひ当サイトの会員になってください。何者でもない、ただのサラリーマンである私の行動が世界にどういう変化を起こすのか?見届けていただければ幸いです。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。